コロケーションリサーチ株式会社

わかれば簡単!否定文のルール

お申し込みはこちらお問い合わせはこちら

否定文を作るときのルール(be動詞のとき)

否定文を作るときのルール

2021/11/27

文法で否定文を作るときのルール(be動詞のとき)

前回は一般動詞の否定文のルールでしたが、今日はbe動詞のルールを説明します。

格安英会話教材のコロコロイングリッシュです。

 

前回に続いて今日は元の文章がbe動詞の場合の否定文の作り方を説明します。

 

前回も書きましたが、動詞にはbe動詞と一般動詞の2種類しかありません。

元がbe動詞のことを否定するルールはとても簡単です。

be動詞の直後にnotをつければそれで出来上がりです。

たとえば

He was rich.を否定してみましょう。

1.元の動詞がbe動詞(was)であることを確認

2.be動詞の直後にnotをつけるだから

正解は

Ha was not rich.

これで出来上がり!

いろいろなパターンにはめて練習してみてくださいね。いくつかの例文で試してみてください。

a.She is a nurse.(She was not a nurse)

b.It is hot today.(It is not hot today.)

c.We were happy.(We were not happy.)

d.My mother was an actress.(My mother was an actress)

 

前回の元が一般動詞の場合よりかなり単純なので、練習して慣れてくださいね。

何回もいいますが、元がbe動詞なのか、一般動詞なのかを見分けるのが一番大事ですよ!

be動詞のときはどうするの?一般動詞のときはどうするの?の区別をはっきりつけましょう。

 

コロコロイングリッシュではこれらの例文がゲーム感覚で楽しく理解できます。

是非一度お試しください。

あなたの上達を応援しています!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。